売れているecサイトを奥深く分析解明!その隠れた奥深い報告内容とは?

人は、感情に対してお金を支払って買い取る

ecサイトでは、商品を購入して何かしらの感情を持ち合わせる事もありますよね。ecサイトを奥深く分析すれば、人は感情を得るためにお金を支払っている事になりますよ。例えば、お菓子であれば、味わった事の無いほどの甘みのある美味しさなどです。ecサイトでは商品を詳しく紹介する事も大切ですが、ユーザーが求める感情とマッチする様な伝え方も大切ですよね。ソファーを求めているユーザーであれば、リラックス出来る空間を求めているかもしれません。ただ、ソファーの商品画像を紹介するのでは無く、リラックスしている演出もテクニックの一つです。ユーザーの持つ感情を想起させる事によって、感情が購入へのアクションを生み出してくれるかもしれませんよ。

商品の価値を高めるテクニック

CMなどで紹介されている商品の中には、有名人を起用して商品を紹介している事もありますよね。あたかも、価値のある商品に見える事もよくある話です。人の脳は、無意識に背後にある姿との関連性についてネットワークによって結びつけてしまう事もあります。例えば、宝石店において、100円のビー玉を置いただけで、100円以上の価値を感じてしまう様な姿です。ecサイトで扱う商品も同じく、背後にある姿の価値を高める事も大切ですよ。子供向けの洋服であれば、可愛い子供をモデルと起用するだけで、洋服をより可愛く見せる事も出来ますよね。

商品の紹介は、四画面以上で紹介

一般的なWebサイトの多くは、二、三画面ほどの領域です。ecサイトを同じ様な領域にしてしまうと、同じ様な反応を引き起こしてページから離脱してしまいかねませんよね。売れているecサイトの多くは、一つの商品に対して縦長に大きい領域を用いている事がよくありますよ。スクロールさせる前向きの行動が、購入への軽い興奮状態を高めてくれるかもしれませんよね。多くの情報を伝える事によって、滞在時間を伸ばし、イメージを膨らませてもらう事によって記憶に強く刻む効果も期待出来るのです。四画面以上の領域は、二、三画面ほどの領域で行っているecサイトとの差別化にも繋がりますよね。ecサイトを大きく見せる事も期待出来ますよ。

ecサイト構築の場合、使い勝手の良さを重視しながら仕上げる必要があり、専門業者への依頼によって完成度の高いサイトを目指せます。