思い当たる節のないいきなりの誹謗中傷の対応策について

どんな人でも火の粉に見舞われる環境

ネットの拡大によってどんな人でも発信者になることができる環境が到来しました。とは言っても、多種多様な意見が送信されるのは、嬉しい事ばかりではないと思われます。その中には悪意を内在している人もあって、無差別な誹謗をする方もいます。常日頃からいくら発言や行動を留意していても、運が悪いことに目をつけられたら、全然見に覚えのない中傷を受けることになることは、仕方ないのですが可能性としてあります。その一方で泣き寝入りすると、悪評が真実であるのと同じく独り歩きしでかすリスクがあることから、相応しい取扱いを欠かすことが出来ません。

慌てることなく運営にコンタクトをとりましょう

発信されている悪意が加わっている情報そのものが、万が一にもそれなりの掲示板やウェブログ、そしてソーシャルネットワークにアップされれば、まず第一に運営している企業に受け付け窓口があるに違いないなので、その場所にEメールを送信することをおすすめします。Eメールを送ると言えどもEメールの活用法もわからない方もいると思われますが、ほとんどすべての場合報告に向けたページがあり、その場所に事実関係と苦しんでいる旨を記載して、送信するだけで問題がないケースが多く見られます。

運営者がはっきりしていないならプロバイダーに

しかしながら世間には運営している人が把握していないページもあって、それを活用して悪意が加わっている情報そのものを記入する人がいるのも現実の姿です。その場合、元を正せばどちらに一報を入れたら良いのか判明しません。その一方で不安に思う必要はありません。そのページが活用しているURLがありますが、そこ書き記されているドメインの取り扱いしているプロバイダに申請すれば良いでしょう。このようにやれば、発信者についての情報の開示請求を実施することが実現可能です。インターネットを通しては間違いなく証拠が消えませんので、そのタイミングで相手方の必要な情報を得て抗議できます。

逆SEOのシステムを正しく理解することで、ホームページの作成やECサイトを運営するうえで大いに役に立ちます。