ホームページのデザインはターゲットを明確化して!そのターゲットとは?

興奮系と抑制系に分かれるターゲット

ホームページのデザインを考える場合は、ターゲットを明確化しなければなりません。たとえどの様なデザインであろうとも、ターゲットによっては与える印象に大きな違いが現れてくるためです。大きく分けなければならない内容の一つに、興奮系と抑制系がありますよ。興奮系は、赤に近い色を扱ったり画像を多用する手法などがあります。抑制系は、落ちつた様なデザインが求められるため、コンテツとコンテツの間に間を設ける事もポイントですよ。

男性向けと女性向けに分かれるターゲット

男性は、しっかりとした印象を求める事もよくありまして、黒に近い重圧感のある色を求める傾向があります。女性は逆に、優しさの印象を求める傾向が高いため、白に近い薄い色を求める事もありますよ。性別によるターゲットが明確化されているのであれば、これらの傾向に沿ってデザインを考える事が基本です。男性向けと女性向けに分かれる姿の中には、洋服店などのアパレルショップなどがありますよね。その様なお店に足を運び、内装なども含め参考にして見るのもお勧めです。

年齢層による好みが分かれるターゲット

同じデザインであっても、年齢層によっては与える価値観が違ってくる事もあります。デザインを考える場合は、ターゲットとなる年齢層についても考えなければなりません。この様な情報を得るためには、リサーチをする必要性がありますが、費用をかけずに知る方法がありますよ。上場企業などは、多くのお金を投資して市場調査を行っている事もありますよね。上場企業が提供しているサービスやカタログなどを参考にする事によって、年齢層の違いによって好まれるデザインを知る事が出来る可能性がありますよ。そのためには、様々な事に興味を持ち目を通す癖を付けておく事もお勧めです。年齢層の違いによって好まれるデザイン力を身に付けて行く事が出来ますよね。

レスポンシブデザインは、PCやスマートフォンなど、端末に合わせて画面のレイアウトや構成が調整されるWEBプログラミングの手法です。