素人の方へプロからのアドバイス!綺麗に見せるためのweb制作の要素とは?

ベクタ画像の利用で分かりやすく伝えよう

現在のパソコンの多くは、画像編集ソフトが備えられている事もありますよね。ただし、その多くはデジタルカメラで撮影をした画像を編集するためのソフトです。それらのソフトの多くは、ラスタ画像と呼ばれる階調のある画像を編集するためのソフトですよ。web制作をプロ並みに行うためには、ベタの様な画像を作り出す事が出来るベクタ画像が不可欠です。イラストの様なベクタ画像は、境界線がはっきりしているため、視認性を高める事が出来ますよ。ベクタ画像編集ソフトは、大きな文字を写真などに載せる場合において必ず必要なソフトです。

全てのコンテツを綺麗に並べない

web制作において、コンテツ同士を縦横と綺麗に揃えながら並べる事を考えてしまう人もいますよね。一見綺麗に見えるかもしれませんが、コンテンツとコンテンツの間に差が現れにくくなりますよ。その結果、コンテツの特徴が分かりにくくなってしまいかねませんよね。特に画像における大きさは、全て同じ大きさとして扱ってしまう人も多くいます。最も伝えたい画像は大きく扱う事によって、画像における重要性について作り出して行く事が出来ますよね。四角い要素ばかりでは、辞書の様な味気ない姿になりかねません。丸みのあるイラストや、三角を現しそうなイラストを取り入れるのもweb制作においては大切な要素の一つです。

デザインとコンテンツは関連性が強く

Webサイトのデザインによっては、文章を変えただけで違うジャンルに置き換える事が出来るデザインもありますよね。例えば、花のデザインや高層ビルなどの写真の利用などです。この様なWebサイトにおけるデザインは、ジャンルを問わず様々な場所で利用されている可能性がありますよ。そのため、実際に本文を読まなければ内容が分からない事もありますよね。この様なWebサイトの多くは、専門性が薄いと判断され、Webサイトにおける離脱率を高めてしまいかねません。もちろん、記憶に残りにくいWebサイトになりかねませんよね。Webサイトにおけるデザインは、出来るだけコンテツとの関わりを強く持ち合わせる事もポイントです。

web制作を行うことで、様々な情報を広く発信できるため、企業や店舗におけるPRなどに大変役立ちます。